無呼吸症候群の改善に役立つ治療|スッキリ快眠できる

看護師

ヘルニアの詳細と注意点

寝る

症状と医師の探し方

腰の骨は腰椎と仙骨、骨の間にある椎間板と呼ばれるクッションで構成されており、通常、椎間板は髄核の周囲を繊維輪が覆った形状をしています。髄核の後ろには神経が通った管があり、通常は繊維輪が髄核を保護しているために神経に接触することはありませんが、髄核が何らかの原因で繊維輪の外に出ることがあり、激しい痛みを感じることがあります。この症状を腰椎椎間板ヘルニアと言い、痛みの他にしびれや麻痺を起こすこともあります。ヘルニア手術は神経に関わる手術となるため、手術はできるだけ手術経験の多く治療実績のある名医を選ぶ必要があります。治療実績などはホームページで確認することが可能ですし、インターネット上でヘルニア手術の名医と検索すれば病院の情報が手に入るので、ヘルニア手術の前に必ず確認するようにしましょう。

治療の際の注意点

ヘルニア手術を行う場合、名医を探すことが重要となりますが、治療前や治療後にもいくつかの注意点があります。まず、椎間板ヘルニアはすぐに命に関わることは少ないため、緊急を要する場合を除けば保存治療で経過を観察するのがほとんどで、適切な治療法として定められた診療ガイドラインでも保存療法を3ヶ月試みた後に症状が改善せず、患者から手術の強い要望があった場合に手術を行うと記されています。名医と呼ばれる医師の中には、すぐに手術を行おうとする医師もいるので、そういった医師には注意するようにしましょう。また、最近のヘルニア手術は傷口も小さく、手術後の痛みが少ないのが特徴であるため、すぐに無理をする方や、子供であれば傷口を雑に扱ってしまう患者も稀にいます。痛みが無くてもすぐには無理をせず、必ず医師の指示を仰ぐようにしましょう。

近年多くなっている病気

睡眠時無呼吸症候群を患っている人は、最近多くなってきています。睡眠時無呼吸症候群は自分では気付きにくいものです。寝ても余り疲れが取れないといった人は早めに病院で適切な検査を受けるようにしましょう。

リハビリ続けていくこと

病院

頸部脊柱管狭窄症は姿勢が悪いことから頸部に負担がかかるのです。これを軽くする方法はリハビリが一番重要といえ、神経の圧迫を解決する治療を行ないます。頸部脊柱管狭窄症からくる痛みやしびれが軽くなる人は多いです。

詳しく読む

欧米化によって急増

マスクをした男性

痛風は強い痛みを伴う病気であり、人によっては骨折したのではと間違うこともあるほどです。血液中の尿酸値が上昇すると発作が起きてしまうため、薬などによって尿酸値を下げる治療が一般的です。プリン体の摂取は尿酸値を上昇する働きがあるため、プリン体が含まれていない食品が人気となっています。

詳しく読む

治療の必要性

医者

免疫療法は、三大がん治療と異なり、大変な副作用を伴いません。人間が本来持つ自然治癒能力に働きかけることで、がん細胞を排除するためです。現在では研究が進み、米国では特定の免疫療法剤が米国食品医薬品局(FDA)から認可されるなど、今後の発展が注目されています。

詳しく読む